九星気学でわかる相性

トップページ > 九星気学でわかる相性

九星気学を利用して気になる人との相性を調べよう

あなたには気になる人がいますか?そんな人は九星気学で相手とあなたの相性占いを行なってみましょう。日常、人と関わると、「この人とは気が合うな」と感じる事もありますし、その逆の場合もあります。

恋愛をする際に相手との相性が気になりますよね。お互いの相性を先に知る事は恋愛をする上でメリットになります。もし、相性が良いと事前にわかればその人と安心してお付き合い出来ますし、もし相性が良くないとわかっても、それでも「その人が好き」と再確認したり、又は「新しい恋をしよう」と方向転換する事も出来ます。

相性が良くお互いが良い影響を与えられるものを「相生」関係とし、相性が悪く、お互いが悪い影響を与えるものを「相剋」関係と言います。しかし、この関係だけに囚われてしまうのはいけません。人と人はご縁で出会うものですので、それを大切にしていこうという気持ちが何より大切です。

九星気学から見る相性の良し悪し

九星気学の九星とは、一白水星、二黒土星、三碧木星、四緑木星、五黄土星、六白金星、七赤金星、八白土星、九紫火星の9種類に分けられ、人はこのいずれかに属しその影響を受けていると言われます。

この九星は五行思想に基づいており、万物は全て木、火、土、金、水の5つの元素から成り立っているという考えです。この考え方は東洋医学など中国などの文化の根底に根付いています。相性の良し悪しは、これらを利用してわかります。

木は火を生じ、火は土を生じ、土は金を生じ、金は水を生じ、水は木を生じます。木→火→土→金→水の関係を相性が良いものと考えられ、相生関係といいます。

また逆に、木と土、土と水、水と火、火と金、金と木の関係を相性が悪いものと考えられ、相剋関係といいます。 また、水と水、木と木、など自分と同性の星(互いに助けあう星)を比和(和気)といいます。 自分と相手の九星を知れば相性の良し悪しもわかるんです。

恋愛でも仕事上でも役立つ九星気学を利用した相性占い

「本当にこのパートナーで良いのだろうか。」「この人は結婚相手として相応しいのだろうか」といった疑問を持ったら、九星気学を使った相性占いをしてみると良いかもしれません。未来が見えない惰性で付き合っている関係は良いとはいえませんよね。自分にはどういった人が良いのだろう?といった悩みを九星気学は解決してくれます。

恋愛だけでなく結婚を考えると、相性の良さを確かめるのは、とても重要です。恋人や結婚相手にも相性を占えますが、同じ職場の上司や同僚など、日常的に会わなくてはいけない人との相性も占えます。この相性の良し悪しで、仕事が円滑に進むか否かが決まってきます。仕事仲間との相性がわかれば、トラブルも最小限に防げますしフォローもしやすいでしょう。例えば、仕事上でチームを作る際にも、とても役立ちます。また仕事上のパートナー選び、この人と取り引きすべきか。などビジネス上の様々な部分で相性占いは役立つんです。