九星気学で調べる吉方位

トップページ > 九星気学と方位との関係 > 九星気学で調べる吉方位

吉方位を調べるには方位盤を使おう!

九星それぞれの吉方位や凶方位を調べるために方位盤は使われます。これは、九星の運気を示すものです。この方位盤には年盤、月盤、日盤、時盤の4種類が存在します。

通常なら年盤の吉凶を知っていれば事たりるでしょう。より詳しく知りたい人は月盤を知っていても良いかも。 方位盤としてよく使われるものが、後天定位盤というもので、五黄土星が中心になっています。この中央のことを中宮といいます。

一白水星=北、二黒土星=西南、三碧木星=東、四緑木星=東南、五黄土星=中宮、六白金星=東北、七赤金星=西、八白土星=東北、九紫火星=南 また、北が下向き、南が上向きになっているのが通常の地図と違うところです。 この配置を定位置とします。年盤であれば1年ごと、月盤であれば1か月ごとに、星の配置が順番に移動します。そこから各々の吉方位が確認出来るのです。

吉方位だけでなく、吉神の存在場所を確認する事も必要不可欠

九星それぞれで、吉方位を用いて行くことは幸運を享受する上で必要不可欠ですが、吉神の場所もきちんと確認しましょう。 引っ越し、移転、開店、旅行、結婚、商取引の際には、まずその年や月の吉神の所在を調べる事が肝心です。当人の本命星と相生関係の星、また吉神と重なりあう吉方位を選べば、最大の吉方位を用いる事により、運気がグンと上がり、幸せを享受出来たという実例が多くあります。

主な吉神として歳徳神(としとくじん)が挙げられます。この神がいる方を恵方と言い、その一年間の大吉方といいます。 福を享受するため、節分に恵方を向きながら恵方巻きを食べる人も多いのでは? また、この方位にその人の本命星と相生の星がいる時は一層の大吉方となります。歳徳神が回座している方位は何をするにも良い結果が得られるとされます。

様々な吉神を知り、吉方を知る!

歳徳神(としとくじん)の他にも様々な吉神が存在します。 太歳神(たいさいじん)は木星の精といわれており万物の生成を司る神とされています。この方位に向かって建築、商取引、婚姻などは大丈夫ですが、この方位にて取り壊しなどは凶とされますので要注意。 歳禄神(さいろくじん)は、その年の天干(てんかん)に従う十二支の座方に在泊して、その一年の吉福を司るとされています。この方位に向かっての旅行や移転、開店は大成功する可能性が高いといえます。

またその年の吉方として、「天道」「天徳」「月徳」があります。天道は、天地自然の順理に則した吉方で、旅行や結婚に最適です。 天徳は、火の神で陽神です。月徳と調和して万物の育成に徳があるものとされています。 月徳は、月の神で陰神です。天徳と調和して万物の育成に徳があり、共に吉祥慶福の方位とされています。なお、天道、天徳、月徳などの吉方は月によって変化します。