月命星ってなに?

トップページ > 月命星ってなに?

九星気学の占いでは本命星と月命星を主に使います

九星気学についてあまり詳しくない人でも、「一白水星」「二黒土星」「三碧木星」「四緑木星」「五黄土星」「六白金星」「七赤金星」「八白土星」「九紫火星」 という言葉に聞き覚えがある人は多いのでは無いのでしょうか?そしてご自身の本命星がどれにあたるか既にご存知の方もいるかもしれません。

あなたの生まれた生年月日から、どの星に属しているのかを導き出せます。本命星・月命星・日命星の3つです。

生まれた年に巡っている星を本命星といい、また生まれた月に巡っている星を月命星といい、生まれた日に巡っている星を日命星といいます。
本命星……生まれた年に当たる九星。本質があらわれるところ。
月命星……生まれた月に当たる九星。運命がわかるところ。
日命星……生まれた日に当たる九星。隠れた才能がわかる場合も!
九星気学で調べる際に特に重要なのが、本命星と月命星になります。

月命星を調べれば、より詳細な事が占える!

九星気学とは、人の生まれた年や月の気(エネルギー)を9種類にわけたものです。
自分がその9種類の中でどこに属しているかを、まずは調べてみましょう。

本命星だけでも様々なことがわかりますが、月命星も合わせて占う事により、より深く、また詳細にわかります。この本命星と月命星が影響しあって1人の人間の人格が出来るのです。本命星と月命星より、本質、性格、運勢、生涯の運勢、潜在能力、相性の良し悪し、家相、開運アイテム、引っ越し、旅行、買い物、吉凶方位など本当に様々な事がわかるんです。
ですので、デートを成功させたい、商談を必ず成功させたい、気になるあの人と付き合いたい、自分の運気が良い時はいつだろうかという、など目的がハッキリしている人にとって本命星と共に自身が何の月命星なのかを知る事は計画的な人生を歩む上で必要不可欠でしょう。

過去に目を向けず未来に目をむける九星気学

本命星は、その人の宿命、基本的な性質、魂の年齢などが分かります。占う際に本命星はメインで見る所です。 また、月命星を導き出す事により具体的に占っていけます。これらを使って運命を変えていけたり、未来を開運していけます。

しかし、生まれた時代や性別など自分の力では変える事が出来ないものもあります。 過ぎてしまった過去、生まれ育った環境、生まれた時代や国、先天的な能力、自分の両親など変えられないもの目を向けるのではなく、 未来をより良くするために利用するのが、九星気学なんです。

占う際に、「どうにもならない」と悲観的な姿勢であれば、いくら良い占い結果だったとしても、その様な未来は享受出来なくなってしまいます。 自分の人生を良くしていこうという積極的な姿勢が大切です。そういう姿勢で九星気学を用いていけば、劇的に開運出来るでしょう。 また、良い占い結果だったとしても慢心は厳禁です。良い未来にしたい、幸せになりたいという姿勢があなたの未来を良いものにしていけるのです。